石の束

石の束 棒状の石は集まることで安定する
石の束 アクソメ
石の束 全景
石の束 外観
石の束 外観
石の束 外観
石の束 上から
石の束 近景

着想は単純だった。
愛おしい人の眠る場所が、寂しい場所になって欲しくない。ただそんなことを考えていた。

ふつう、お墓は、垂直に建てられた墓石が凛と一本立っている。時代を超え、世代を超え、力強く、多くのものを背負ったように立っている。それはそれで、逞しい姿だと思う。それを否定する気持ちはない。
けれども、今回のお墓を設計するにあたって、そんなふうに一人で立っているような姿よりも、たくさんのものが束なってひとつの全体像を形作っているほうが、どこか似つかわしいのではないかと考えるようになっていた。寂しくないのではないか、そう思った。
それは、東日本大震災が起こってしまった後だったからかもしれない。ひとはひとりでは生きていくことができない、ということを痛感していた。あなたがいて私がいる。旦那さんなり奥さんがいて。両親がいて、祖父がいて、子どもがいて、孫がいて。そんな重層的な繋がりのなかで、やっと自分がいる。いろんな関係を築きながら、支え合って、なんとか生きている。人が生きるとは本来的にそういうものではないだろうか。みんなが支え合って生きている、そんな姿をこのお墓で表現できないか。

具体的には、いろんな高さで切り出した120mm角の御影石を、ただただ寄せ集めた。ひとつでは立つことが不安定な棒状の石を集合させることで、安定して、立っている。ばらばらの高さの石が、無邪気に集まってひとつのかたちをつくっている。
石の束。そういう状態をお墓と呼んでみようと思った。

概要

名称 石の束
所在地 愛知県半田市
用途 墓石
竣工 2012年6月

 

建築設計 市川大輔/adm
施工 石惣石材
竣工写真 エスエス名古屋支店


愛知県の建築設計事務所 名古屋・知多半島・半田 architectural design market (アーキテクチュアル デザイン マーケット)

architectural design market
Address: 〒475-0836 愛知県半田市青山2-2-10 セントラーレ青山23 3A
Email: adm@architectural-design-market.com
Tel: 0569-77-0313 / Fax:0569-77-0313

電車でお越しの場合:名鉄青山駅から西へ徒歩7分。
お車でお越しの場合:お車は事務所向かいの駐車場へ駐車してください。

Copyright (c) 2020 愛知県の建築設計事務所 名古屋・知多半島・半田 architectural design market (アーキテクチュアル デザイン マーケット) All Rights Reserved.