半田市 半六邸

半田市 半六邸

昨日は、半田市の中埜半六邸の草引きのお手伝いをさせていただきました。

天気も良く、暖かく、気持ち良い一日でした。

半六邸の庭園の草をむしりながら、

この半六邸がそうであるように、

長い長い時間の中で、それでも使いたくなるような建築について考えたりしていました。

 

建築はほかのプロダクトに比べると、とても長い時間、そこに建ってしまいます。

この椅子はこのテーブルに合わないから変えようというような気軽さでは、

建築をその土地から切り離すわけにはいきません。

建築は一定期間の風雪や時代の変化に耐えなければなりません。

長い時間という観念は、建築の背負っている宿命かもしれません。

 

ですが、昨今では日本の住宅の建て替え平均は30年前後です。

建物の寿命の長期化には、

耐久性や耐候性があって、間取りがフレキシブルであるというような

高性能の実現というだけでは少し足りないような気がします。

それらを備えていても、解体されてしまう建物は日本にはたくさんあるからです。

機能や性能は時代によって揺らいでいきます。

ここ半六邸も、邸宅から飲食店などに用途が変更されます。

プログラムというのは長い時間のなかでは、とても儚いものです。

 

時間の流れや変化に耐えうる強さとは何だろう。

長いあいだ使いたいと思うことのできる建築とはどんなだろう。

新しさ以外の建築の価値とはどのようだろう。

 

建築の設計は、そんな時間ヘ投げかけるような問いと向き合いながら、

それを下敷きに議論したり、判断したりしなくてはならないのだと思うのです。

 

草引きをしながら、

100年前の暮らしを想像してみて、うまくいかないと

100年後の暮らしを想像したりして。

それを行ったり来たり。

 


愛知県の建築設計事務所 名古屋・知多半島・半田 architectural design market (アーキテクチュアル デザイン マーケット)

architectural design market
Address: 〒475-0836 愛知県半田市青山2-2-10 セントラーレ青山23 3A
Email: adm@architectural-design-market.com
Tel: 0569-77-0313 / Fax:0569-77-0313

電車でお越しの場合:名鉄青山駅から西へ徒歩7分。
お車でお越しの場合:お車は事務所向かいの駐車場へ駐車してください。

Copyright (c) 2020 愛知県の建築設計事務所 名古屋・知多半島・半田 architectural design market (アーキテクチュアル デザイン マーケット) All Rights Reserved.