NEWS/BLOG

お知らせ・ブログ

日本福祉大学 公開型授業のお知らせ

By 市川 大輔 on 2019年1月7日 in Architecture, News

1月24日(木)日本福祉大学半田キャンパスにて 半田市亀崎について建築と景観の観点から お話をする機会をいただきました。 学生の単位取得にかかわる授業なのですが 一般の方も参加できる公開型授業なので ご都合が合えば是非、ご参加ください。 (参加には事前申込が必要です。  kkinfo@ml.n-fukushi.ac.jp、0569-87-2317) 前副市長の藤本さん、潮干祭保存会の加藤さん、 亀崎まちおこしの会の石川さん、 亀崎のシェアハウスで暮らす学生の白井さん 各人のお話とパネルディスカッションはとても楽しみです。 亀崎地区については、 伝統ある潮干祭の魅力は最大で、言うまでもありませんが その伝統が独特な地形やスケールとあいまって まちの建築と景観を形成し、それが空間資源となり 各種の地域活動、イベント開催、 さらに大学との連携を可能にしています。 半田市内においても抜群に まちづくりの機運は高まっているこの地区。 そんな場所に新たな産業を生むことができるかが課題であり 登壇者のみなさんと前向きに話し合えたらと思っています。 …

Read more

謹賀新年

By 市川 大輔 on in Other

明けましておめでとうございます 謹んで新年のお慶びを申し上げます 皆様のご健勝とご繁栄を心よりお祈り申し上げます 本年もよろしくお願い致します…

Read more

半田市 障害者福祉施設 建方完了

By 市川 大輔 on 2018年12月11日 in Architecture, News

半田市内の障害者福祉施設の現場。 建て方が完了して、ボリュームが現れました。 急に寒さが厳しくなり、 現場で作業する職人さんには頭が下がります。 冬を乗り越えて、春とともに完成予定。 …

Read more

スタッフを募集しています!

By 市川 大輔 on 2018年11月21日 in News, Other

「仲間」を募集しています。 スタッフ(従業員)を、ひとりだけですが募集しています。 設計事務所のスタッフというと師弟関係や雇用関係をまず想像してしまいますが、 あくまでも一緒に活動をともにしてくれる「仲間」を募集しています。 もちろん給料はお支払いしますし、僕の持っているスキルなら惜しむことなくお伝えします。 でも、スタッフだからといって「仲間」の時間を無駄に拘束したいわけではないですし、 お互い自立した個人であったほしいと思っています。 過度な依存関係にはなりたくないです。 それでいて僕もその新しい「仲間」からいろんなことを学びたいと思っています。 一緒に学びながら成長できる「仲間」を募集しています。 ですので、年齢や性別や国籍は問いません。出自も問いません。 ただし、現在、建築の設計監理を事業主体としておりますので、 それが主な収入源であることは確かです。 建築に夢をみており、少しでも良い建築をつくりたい、 その思いに夢中であることも確かです。 これからもそれは変わりません。 ですので建築を好きでいてくれる方でしたらなお良いです。 また、現在は僕一人の個人設計事務所です。 良くも悪くも、事務所には僕ひとりしかいません。 ですので新しく加わっていただく「仲間」は、僕と一対一にならざるを得ません。 その関係を暑苦しいと思われるか、 駆け出しの設計事務所のすべてを吸収できると思われるかは、それぞれだと思います。 さらに僕は有名ではありません。 世に問うような建築もまだ設計できていません。 もちろん、これまで設計させていただいた建築にはその都度、 全身全霊を注いできましたし、 お施主さんからは満足頂いている自負はあります。 その上で自分に足りないところ、 不得意なところも冷静にみていたいと思っています。 謙虚でいたいと常に思っています。 有名でない僕にもお仕事を依頼してくださるお施主様がいて、本当に感謝しています。 そのお施主様を裏切るようなことはぜったいにしたくありません。 そのためならそれが平凡な建物でも迷わず設計したいと思っています。 そんな大切なお施主様に対してもっともっと良い提案をしたいです。 喜んでもらえる、楽しんでもらえるような提案をしたいのです。 そのために「仲間」がどうしても必要です。 最近BIMソフトを導入しました。 提案力の向上の方法をこれからも探していきたいと思っています。 http://architectural-design-market.com/#section-recruit/…

Read more

半田市 障害者福祉施設 配筋検査2

By 市川 大輔 on 2018年11月20日 in Architecture, News

障害者福祉施設の建設現場にて 2度目の配筋検査を実施しました。 配筋検査とは、コンクリートが打設されると隠れてしまう鉄筋が 図面通り、さらに図面では表現できないような部分においても きちんと施工されているかどうか監理者によって検査するものです。 隠れてしまうものだからこそ、 完成したら決して見ることができなくなってしまうものこそ この瞬間に立ち会わなければいけない。 鉄筋が組まれた風景は、建物のフットプリントを映し出し まさにアンサングヒーロー。…

Read more

半田市 障害者福祉施設 外壁色検討

By 市川 大輔 on 2018年11月17日 in Architecture, News

現場が進んでいる半田市内の障害者福祉施設ですが、 より良い建物にするために外壁の色を検討し続けています。 工事契約後ですので予算は決まっているし、 形や素材の変更もできませんが まだ色は間に合うので、その検討をしています。 お施主さんと一緒になって悩み続けています。 パターンをつくっては見ていただき、 スタッフの方々のご意見もうかがっていただきます。 通所される方が来やすい雰囲気をどう作るか、 試行錯誤が続いています。…

Read more

募集しています!!

By 市川 大輔 on 2018年11月12日 in News

「設計『以外』のお仕事」を募集しています。 現在の事業は設計事務所です。 建築設計のご依頼はありがたいことに少しずつですが、 いただけるようになってまいりました。 少しでも良い建築を設計したいという意欲はこれまでと全く変わりません。 これまで以上の熱量で設計にも打ち込んでいきます。 それと同時に広い視野で世界を見たいと考えています。 建築設計という行為が狭い視野と言いたいのではなく、 その逆で設計という行為はあまりに広い視野を必要とされるので、 「設計以外の仕事」を通じて世界を見たいのです。 これまで半田市内の地域活動には、時間が許す限り参加してきました。 半六邸の保存活用、 亀崎地域の空き家再生プロジェクト、 中心市街地の活性化を考える会議、 JR半田駅の提案プロジェクトなどです。 主体的に「545まちばなし」という知多半島を起点に語り合う場づくりもしてきました。 建築と関連しているプロジェクトも多々ありますが、 建築と一見関係ないプロジェクトであっても、 建築的な思考が役立ったことは何度もありました。 そこでたくさんの事を学ぶことができました。 設計活動をしているだけでは出会うことができなかった方々とも 親しくさせていただくことができました。 それは人生の喜びに直結しています。 ですので、「仕事」募集といっても基本的にお金をいただくことは考えていません。 設計以外のことについては、プロフェッショナルではありませんので お金はいただくことはできません。 ですので内容によってはお受けできない場合もございますが、 是非一緒にプロジェクトができたらと思っております。 adm@architectural-design-market.com 直接、ご連絡いただけたら必ず返信いたします。 よろしくお願いします。 市川大輔 …

Read more