NEWS/BLOG

Monthly Archives: 9月 2014

お知らせ・ブログ

半田市 半六邸 土壁塗りワークショップ

By 市川 大輔 on 2014年9月28日 in Other

今日は半田市の半六邸敷地内。 西蔵という江戸時代につくられた蔵の外壁、土壁下地を みんなでいっしょに左官体験をしながら塗るというワークショップに参加しました。   ワークショップという言葉は、あまりにその内容が多岐にわたるせいか、 なんだかぴんと来ないのだけれども、 wikipediaによると日本語では「体験型講座」というらしいです。 「体験型講座」というのは今日の行事にとてもぴったりくる言葉。   市民の皆さんが講師の方に易しく教えてもらいながら、 その作業の体験して、楽しんで帰る。 秋晴れの中、元気なお年寄りから小さな子供まで、女性も男性も本当に楽しそうでした。 それは講師の方の力量と下準備のおかげ、ということは言うまでもありませんが、 土に触りながら、どろどろになって、ひとつのものを完成させていく、 その過程がどうしても楽しい。   新建材やメンテナンスに手間のかからない乾式工法が一般的である現在では なかなか体験できないという希少性も素晴らしいですが、 みんなが集まってわいわい楽しんで、少しの学習が体験しながら身につくというのがいい。 少しの学習というのが決め手で、 勉強になってはいけないし、 ただただわいわい騒ぐっていうのも実はそんなに楽しくないはずだから。  …

Read more

音楽のこと

By 市川 大輔 on 2014年9月13日 in Other

人生というのは、無論思い通りになんてならない。 ぜんぜん予期しないことが平気で起こるし、 予定通りというのにはいつも少しの疑いがまとわりつく。 でも、だからこそ、ここで今日と同じようにまた穏やかに暮らしたい。 些細だけれど幸せなこの時間がまた明日も来るといい。 そんな願いや要請に、定着というやり方で応えるのが、建築だと思います。 不変への幻想を、幻想じゃなんだって、時間を土地に定着させているのが建築じゃないかって思うのです。   音楽もきっとそういうことが可能なものの一つなんだって思います。 音楽は、瞬発力が違います。 9月9日、刈谷市総合文化センターで上原ひろみさんの音楽を聴いてきました。 JAZZのコンサートなんて初めてだったので、楽しみ方が心配だったけれど、 そんな心配はいらなかったです。 無知識の初心者でも本当に楽しめました。 上原さんのピアノはエネルギーに溢れていました。 がらんどうのホールが、上原さんの登場とその指先のひと音で、一気に様相を変えてしまうのです。 どわーって瞬時に。 夜が朝になるように。 つくづく音楽に感銘を受けました。 音楽は、時間を感情へ解放させてくれる。 一見不自由な時間という観念は、そんなの自分の感情次第で自由になり得るだよって 音楽によって思えてしまうのです。 この音楽があるから今日のように明日も頑張れる、 そんな音楽の素晴らしさを再認識できました。   「永遠なのか、本当か。時の流れは続くのか。いつまで経っても変わらない、そんなものあるだろうか。」…

Read more