NEWS/BLOG

Monthly Archives: 7月 2014

お知らせ・ブログ

「たうえうた」のこと

By 市川 大輔 on 2014年7月26日 in Other

おととい「たうえうた」という映画を観てきました。 幼稚園からの友だちが作曲を担当した短編映画。 名古屋駅近くのシネマスコーレ。   農業に従事する幸子おばあさん。 彼女は昆虫や植物、あるいは食べ物と会話をしながら、 その恩恵を受けて自分が生きていること、それを自覚して暮らしています。 その会話というのは素直で、日常的で、家族との会話のようで、ガツンときます。   素晴らしく現代的な映画だと感じました。 そこで描かれる現代は僕たちの日常生活とはぜんぜん違うのに、現代的だと感じます。 現代的だというと、都会やコンピュータやSNSなどのような 最先端の技術や流行と少なからず接触してしまいます。 しかしながらこの映画はそのようなものとは接触せずに、現代を描いています。   昆虫、動物、田んぼ、畑、農家小屋。 前近代的な風景や出来事ばかりが登場します。 それでも、この映画が現代的だと感じてしまうのは、現在、 この日本に住んでいて感じている僕たちの、 問題意識や価値観みたいなものが即座に共感を促されるからだと思います。 映画の中での問題提起を、瞬時に僕らは了解してしまう、そういう凄みを感じました。 同時代的。 現在、日本に生きていて持っているだろう、そういう大きな課題に共感してしまうのです。 僕らは個人個人、別の価値観や個別の問題意識を持っているのは確かだと思います。 でも、というかだからこそ、その煩雑で多様な価値観を、 この映画は一挙にすくい上げてしまう、そんな大きさがありました。   自然保護は絶対正義であるだけに、 少しだけ善悪がくっきりし過ぎてしまっていることが気になったりしましたが、 それは逃げられない環境問題に直視を強いているのかもしれません。   植物を育てて食べるという根源的な行為を謳歌すること。 自然を慈しみ、自然とともにある生活が喜びに満ち満ちているということ。 そして何より幸子おばあさんの、豊かで明るく、独特のキャラクターに、 大きくて広い自然の素晴らしさを感じる映画でした。 ひとりの人間と大きな自然がダイレクトに繋がる、そういう感動。   音楽も、繊細で素晴らしかったです。…

Read more

「NARA LIFE」のこと

By 市川 大輔 on 2014年7月19日 in books

「ナラ・ライフ」という本を 2012年横浜の展覧会を観に行って以来、断続して読んでいます。 ふっと思い出したように読んだりしています。 奈良美智さんの日記集。 自分なんてちっぽけだし、 くよくよしたりする。 間違ったり、後悔したりもする。 それでもしっかりと生きていくんだ。 切実に。 日常を大切に生きていくんだ。 隣にいるひとや慣れ親しんだものを貴重に思って生きていくんだ。 とるに足りないものを愛するんだ。 そんなふうな気持ちをもらいます。 非日常的なことを求めたり、 他人を羨ましいと思ったりしたとき、 この本を開くと あっいけないいけない、 そう思って、 身近な大切なものを目を向けようと思い直したりします。 いいカッコウをして装ったりすることを、ちょっとだけ恥ずかしくなったりします。 特別なこと、特権階級的なことを欲しがったりもするけれども 僕を形作ってるのはそんなものではきっとなくって、 もっとあの些細な、あのいつもの、それなんだって。 そう、それ! 182ページ 「やるしかないが、うまくいかない。 うまくいかないが、やるしかない。」 大丈夫。がんばろう。…

Read more

「東京物語」のこと

By 市川 大輔 on 2014年7月8日 in Other

東京物語を観ました。 ずっと観よう観ようと思っていたんだけれども、 観る機会をつくることができず、 今になって観ました。 とても好きな映画です。 静かです。 家族の優しさや信頼、あるいは了解みたいなものが 静かなのに、ちゃんとしてて。 ときにそれらは残酷なほどちゃんとしてて。 ロー・ポジション、固定カメラで変化しない構図、人物のカメラ目線、などなど いわゆる小津調が特徴的。 最初はそっちのほうが気になっていたけれども、 物語が進むにつれ、 そんな映像的な特徴は遠く遠くに行ってしまって。 家族の描かれ方が、センチメンタルなのに湿ってなくって。 カラッとして乾いてて。 だから泣けない、 だけど泣くより心に重い。 家族は必ずしも血のつながりだけに閉じない。 家族なんて疎ましさや期待外れもあるさ。 あぁ家族はそれでも、なんだか素晴らしい!…

Read more